« 第10回~愛とレイコ | トップページ | 第11回~甘党の吸血鬼 »

2006年8月10日 (木)

木内です

御意見ありがとうございます。

これがゼロからのスタートと言う事なんだろうなあ…とひしひし感じる今日この頃です。 どんな方向に進むのか全く分からないモノを、温かく応援して下さる皆様がいるのはとても心強いですね。ありがとうございますm(_ _)m

自分達なりに頑張ってはおりますが、何しろ複雑怪奇な創造の世界ですし、殆ど思いつきで進めてしまっている部分もあるので、まだまだ実体を掴むには時間がかかると思います。 色々な方々と良いコミュニケーションを重ねて、たとえ時間はかかっても自分達で出来ることを模索していきたいと思います。

これからも宜しくお願いします。

|

« 第10回~愛とレイコ | トップページ | 第11回~甘党の吸血鬼 »

コメント

「表現」と「創作」は重複する部分もあるのですが、基本的に別物だと私は思っています。

私は当初、「表現」のプロフェッショナルである木内さんとあいさんが、新しい「表現」を得る為にアニメを作ろうとしているのだと思っていたのですが、最近は「創作」の部分を自分達でやりたい、という願望が結構強いのかな、という印象を感じています。

「何をやりたいのかまだ決めていないんだけど、何か意見ありますか?」が「こういうことをやりたくて、今こんな状態なんだけど、何か意見ありますか?」に変わるとレスポンスがだいぶ変わると思います。頑張って下さい。

投稿: まちゃ | 2006年8月10日 (木) 18時13分

当初、木内さんやあいさんの言う「出来ることを模索」というのを「可能か不可能か」という感じで解釈し、「人・金・時間があればかなり広い範囲の事が出来るし、人・金・時間が無ければ出来る事の範囲は狭い」という風に思っていました。

最近は「出来ることを模索」というのは、「どれ位の人・金・時間があれば何が出来るのか」をヒアリングした後、「やりたい事」と「出来る事」を天秤に乗せて方向性を模索する事なのかな、と思っています。

投稿: まちゃ | 2006年8月12日 (土) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第10回~愛とレイコ | トップページ | 第11回~甘党の吸血鬼 »